初心者がスキャルピングで稼げるのか?(21.3.22)

目安時間 7分

雑草FXトレーダーのSORA です

 

みなさんはスキャルピングというFXの取引手法をしっていますか?

 

全く始めたばかりの人は知らないでしょうから簡単に説明しますね

 

スキャルピングとは数秒~数分という超短期の間にエントリーとイグジット(売り買い 又はその逆)をして取引を完結させる手法の事です。

 

スキャルピングの語源は・・・

なんて事はどうでもいいですよね
(知ったからと言って勝てるようにはならないので)

 

このスキャルピングの教材は
かなり沢山販売されています。

 

それだけ多くの方に人気のFX取引手法なんです

 

当然ですよね!
数秒で利益が出るなんて

 

FX相場がまさに
お金を無限に引き出せるキャッシュディスペンサー

 

欲しいときに欲しいだけFXトレードをしてお金を引き出せばいいんだから本当に夢のようです

 

お手軽で、簡単に夢がみられるから

 

みんなスキャルピングが大好き!

 

SORA も
ずぅーっと、
ずぅぅ~~っと
スキャルピングで勝つことを夢見てFXトレードをしてきました

 

スキャルピングを知ってから、

 

この手法をマスターすれば

相場がキャッシュディスペンサーなんて人生勝ち組も同然!

 

そう思いながら数年・・・
様々なスキャルピングのFX教材を買い、何度も何度も相場に挑んでいきました

 

そして全てにおいて惨敗!

 

ついにSORA の出した答えは、

 

どんないい教材を買っても
どんないい手法を知ったとしても

 

スキャルピングは才能がないと勝てない!でした・・・

 

教材にかいてあるパターンなんて無限にあるチャートの形の1パターンに過ぎません

 

スキャルピングにも無限に手法が存在すると言っていいでしょう

 

そして、スキャルピングは、瞬間的な感覚的判断がもっとも重要取引手法です

 

感覚的・・・
実はこれが一番厄介なんです

 

感覚は人それぞれ違います!

 

例えば
レモンの味を想像してください

 

レモンって酸っぱいですよね
イメージしただけで口の中にはだ液がでてきたのではないでしょうか?

 

しかし、木で熟した甘いレモンを知ってる人だと

甘酸っぱくて美味しいレモンのイメージから

また食べたいなぁ

っとなりだ液がでることもあります

同じ物を想像して、だ液が出ると言う結果となりましたが、その過程がみんな違います。

 

教材販売者のFXトレードに望む時の精神状態や微妙な感覚

 

これを言語化することはとても難しく、正確に伝えることは更に難しいのです。

 

だから、結果も微妙に違ってきます。

 

不確定要素が多い相場の世界で、微妙な感覚の違いは、それだけで致命的なミスに繋がることもあります。

 

また、スキャルピングは少しの利益を何度も何度も繰り返し積み重ねるトレード手法です

 

100pips勝つのに何十回もトレードしなければならりません。

 

勝ち負けの判断を正確にして、利益を少しずつ積み上げていく

 

1日何時間も相場の張り付いてエントリーチャンスを狙っていく

 

考えただけでSORAにはできません

SORAのトレード手法はトレンドに乗っかり、ポジションを積み上げて数百pipsを獲っていくものです。

 

しかもスキャルピングの労力にくらべたら100分の1くらいです

 

働いている人は皆さん忙しいですよね

1日何時間も相場を見る事なんてできませんよね

 

お手軽だけど、なかなか稼げないスキャルピングよりもスイングトレードをSORA は絶対にお勧めします

 

ちなみにSORA の取引手法の元になってるのがこちらです

 

この手法に出会ってからSORA は変わったといっても過言ではありません

 

実績はSORA の過去トレード履歴をみてもらえたらわかりますが、500pipsや700pipsをほったらかしで稼いでいます!

 

これだけのpipsをスキャルピングで稼ごうと思ったら・・・

 

多分精神的に病んでしまいますよ

 

興味があれば見てみてくださいね

 


トレード日記ランキング

メルマガ始めました。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

SORAへの質問やメッセージは お気軽にこちらまでお願いします

    この記事に関連する記事一覧

    コメントフォーム

    名前 

     

    メールアドレス 

     

    URL (空白でもOKです)

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報